よく聞く『ぎっくり腰』 放置すると… | 亀有北口環七通り接骨院

よく聞く『ぎっくり腰』 放置すると…

こんにちは!北海道から上京し約3ヵ月弱経過したものの未だ近隣しかわからない海藤です(;´・ω・)
今回は最近、当院ご利用の新患様で多くの方がお悩みの『ぎっくり腰』についてです!



皆様はこのようなお悩みはございませんでしょうか。


①何度もギックリ腰を繰り返している
②朝起きるときに腰が辛い
③寝返りを打つのも辛くて寝られない
④長時間同じ姿勢でいると腰が痛くなる
⑤腰から背中の筋肉が硬くて身体がうまく動かせない


などなど…。




これらの『腰痛』は、男性では最も多く女性でも肩こりに次いで2番目に訴えの多い症状というデータがあり、しかもその数は増加傾向にあると言われています。

腰は、腰椎と呼ばれる骨が5つ積み重なって構成されています。腰痛の多くは、腰椎に負担がかかったり障害が起きることで発症しますが、その他にもさまざまな要因が腰痛の発症に関係しています。

腰痛の原因は様々あります。腰痛のうち原因が特定できるものはわずか15%程度といわれており、代表的なものとして腰椎が直接障害される椎間板ヘルニア、圧迫骨折、脊柱管狭窄などがあります。その他にも細菌感染やがん、臓器や血管などの病気が原因となり、腰痛を引き起こすこともあります。
一方、残りの約85%はレントゲンなどの検査をしても原因が特定できないといわれています。このような腰痛はストレスや不眠など心の状態が影響していることもあります。
また、見た目にはわからない神経の障害によって痛みが生じていることもあります。この85%の腰痛に対して当院では自信を持ってお悩み解決に注力して治療をおこなっています。

しかし腰痛の根本改善には時間や回数を要します。我々治療家と患者様自身とで協力し合いプランを立てて治療を行い当院では多くの方から喜びのお声をいただいております。

長年腰の痛みでお悩みの方こそ当院で治療を受けていただきたいと考えております。

腰痛を放っておくと慢性化してしまいその後治療を行っても改善が遅れてしまうケースが多くあります。
慢性化した腰痛は神経の痛み(神経障害性疼痛)、筋肉の炎症による痛み、心理・社会的要因などが複雑に合わさった状態です。
腰の痛みによって身体を動かさないでいるとそれが精神的ストレスとなります。その精神的ストレス状態が続くと痛みを抑制する脳のシステムが機能せず神経が過敏になってしまう事でさらに腰痛を感じるようになります。その痛みでまた身体を動かさなくなってしまいます。これが腰痛による悪循環です。
また、痛みのことばかり考えていたりすることも、ストレスとなり慢性化の原因となります。先ほども既述の通りここまでの悪循環になってしまうと改善が遅くなる、改善が難しくなる、痛みによって歩けなくなる、身体が動かせ無くなるケースを多く診ております。
ですから腰痛が慢性化する原因は多く存在しており早期に医療機関に相談し、適切に対処することが必要になってきます。当院で治療を受けられた患者様のお声で「長年悩んでいたのにこんなに軽くなるんだ。」「毎年なってたギックリ腰、今年はならなかったよ」「朝起き上がるのが苦じゃなくなったから1日のスタートがいい感じ」と頂いてます。
ご安心してご来院いただければと思います

当院では腰痛の改善の為に行うメニューが多くあります。骨格の根本から改善を行う骨格矯正。筋肉の状態を変える、電気治療。(EMS)
筋膜にアプローチをかける筋膜ストレッチなど。
組み合わせて行う事で早期改善が期待できます


当院では痛みを取り除くだけでなく、体の状態を変えるために理想は週2回以上を最低3ヶ月をみていただきたいと考えております。しかし患者様のご都合もあるかと思いますので私達と相談の上治療のプランを組み立てましょう